スポンサードリンク

スポンサードリンク

頭皮湿疹 セルフケアだけで治せる?

1,もしかしたら頭皮湿疹?

「なんか頭がかゆいな~」そんなことを時どき思うようになり、仕事中、食事中、テレビを見ているとき、買い物をしているとき、車を運転しているとき、日常の何気ない場面でしきりに頭をかいている自分に気がつきました。

CMなどで聞いたことはあったので、もしかしたら頭皮湿疹? となんとなく思いましたが、今までこれといってアレルギーはなく、湿疹にひどく悩まされたこともなかったので、そのときは特に病院に行くほどのことでもないだろうと考えていました。

とはいってもくり返す頭のかゆみはやはり不快だったので、思いつくケアだけはするようにしました。

たとえば、シャンプーをするときは頭皮を傷つけないように優しく洗う。シャンプー・コンディショナーはしっかり洗い流す。ブラッシングは優しくていねいに。刺激を与えないためにヘアーオイルや洗い流さないトリートメントはつけない。外を歩くときはUVカットの帽子ではなく、蒸れを防ぐために日傘を使う。

寝ている間に汗をかいてしまうので、枕の上にタオルを置いて毎日新しいタオルと取り換える。

そしてこれが一番難しいのですが、かゆくてもなるべくかかない。このように、気がついたことをいろいろやってみました。

 

2,セルフケアを続けた結果

どれも特別なことはなく簡単なことばかりですが、始めてみると少し症状が軽くなったように感じたので、しばらく続けてみることにしました。

1~2カ月様子をみて少しずつ治ってきたかな?と感じていたのですが、あるタイミングで急に症状が悪化してしまいました。始めはほんの数か所だった湿疹が頭皮全体に広がってきたのです。

一時は湿疹が減ってかゆみも軽くなったので「この調子なら、私の場合は病院に行ったり薬をつけたりしなくても治りそう」と楽観していたのですが、そうは甘くなかったということです。

それでも、症状が出始めてから少しずつ悪化し、自分なりにできるセルフケアをいろいろ試しているうちに症状が軽くなっていったのも事実です。

ではなぜそのまま良くならずに、再び悪化してしまったのか。

 

3,私の場合、考えられる原因は1つ「カラーリング」です。

かゆみをほとんど感じなくなるくらい良くなってきたとはいえ、まだまだ頭皮に湿疹が残る状態でカラーリングをしたのは無謀だったということでしょう。

気づくのが遅すぎましたが、セルフケアで快方を目指すのなら、それらを台無しにしてしまうような刺激を与えるのはたった1度とはいえNGだということですね。

 

⇒ 頭皮湿疹の症状 初めは赤い湿疹から

 

スポンサードリンク

スポンサードリンク


当ブログの歩き方 【目次】

わたしの頭皮湿疹、治療体験記ブログへようこそ!

眠れないほどかゆみが強く、大量のフケ・・・
シャンプーを替え、皮膚科に行っても症状が良くならず、悩み続けて・・・

苦しくて苦しくて仕方なかった日々を過ごした頭皮湿疹を ほぼ症状が良くなった方法を一生懸命、全力で更新しました。
ぜひ、すべて目を通して頂ければ幸いです。

1話目:頭皮湿疹の原因
2話目:セルフケアだけで治せる?
3話目:頭皮湿疹の症状
4話目:カラーリングはあきらめるべき?
5話目:シャンプーをドラッグストアで選ぶなら
6話目:セルフケアをあきらめ皮膚科を受診
7話目:皮膚科の薬が効かない
8話目:市販薬使い比べ
9話目:頭皮を正常なターンオーバーに導く
10話目:原因と日常生活で気をつけること

スポンサードリンク



スポンサードリンク



コメントを残す