スポンサードリンク

スポンサードリンク

頭皮湿疹治療体験記。原因と日常生活で気をつけること!

1,原因と日常生活で気をつけること

頭皮湿疹は、とても治りにくい疾患です。早い段階で気がついて症状の軽いうちにケアができればいいのですが、一度悪化させてしまうと本当に面倒な病気といえます。

私の場合も皮膚科を受診したところですぐに良くなることはなく、市販薬で自分なりにケアを続けて症状が良くなっても、しばらくするとまたぶり返すことのくり返しです。

それでもできるだけ悪化させないように、少しでも長くいい状態をキープするために、日常生活でいくつか気をつけていることがあります。

 

2,シャンプーのとき

シャンプーをする前に髪をよくとかし、頭皮全体を濡らすイメージでシャワーをかけます。

こうすることでシャンプーが早く全体に行きわたって洗い残しを防ぐことができます。

ただし、お湯が熱いと頭皮に刺激を与えてしまうので気をつけましょう。

そして爪で頭皮を傷つけないように優しくまんべんなく洗い、すすぎ残しがないようにしっかり流します。

また、シャンプーは刺激の少ない薬用シャンプーがおすすめです。

メントールが入っているものを使うと爽快感があり、シャンプー後しばらくはかゆみを気にせずにいることができます。

シャンプー後は自然乾燥をさせると頭皮が蒸れてしまうので、きちんとタオルドライをしてドライヤーで乾かすようにします。

 

3,紫外線の強い季節

紫外線は肌にストレスを与えます。頭皮にとっても、強い紫外線を受けることは大きなダメージなので、帽子や日傘で紫外線対策をします。

ただ、帽子は通気性のよいものを選び、長い時間かぶったままでいないようにするなど、頭皮が蒸れないように注意が必要です。

 

4,食事の注意

食事は何よりもバランスよくとることが一番ですが、特に気をつけたいのは、揚げ物や脂肪分の多い肉、インスタント食品、ナッツ類などの油っぽいものを控えて、頭皮の皮脂が過剰にならないように気をつけること、アルコールやコーヒー、刺激の強い香辛料などの刺激はできるだけ控えることなど、簡単にできることはぜひ毎日の食生活で実践していきたいですね。

また、ビタミンB2は頭皮の状態を整える助けをしてくれるので、レバーや卵、牛乳、しじみ、納豆などのビタミンB2が豊富な食材をきちんととることも心がけたいものです。

 

スポンサードリンク

スポンサードリンク


当ブログの歩き方 【目次】

わたしの頭皮湿疹、治療体験記ブログへようこそ!

眠れないほどかゆみが強く、大量のフケ・・・
シャンプーを替え、皮膚科に行っても症状が良くならず、悩み続けて・・・

苦しくて苦しくて仕方なかった日々を過ごした頭皮湿疹を ほぼ症状が良くなった方法を一生懸命、全力で更新しました。
ぜひ、すべて目を通して頂ければ幸いです。

1話目:頭皮湿疹の原因
2話目:セルフケアだけで治せる?
3話目:頭皮湿疹の症状
4話目:カラーリングはあきらめるべき?
5話目:シャンプーをドラッグストアで選ぶなら
6話目:セルフケアをあきらめ皮膚科を受診
7話目:皮膚科の薬が効かない
8話目:市販薬使い比べ
9話目:頭皮を正常なターンオーバーに導く
10話目:原因と日常生活で気をつけること

スポンサードリンク



スポンサードリンク



コメントを残す